モーニングはレンタルできる時代|費用を抑える

シンプルな建物

歴史と由来

リング

起源は古代エジプト

神戸には、ブライダルリング専門店が幾つもあるので、その中から1店を絞り込むのは大変です。選ぶのが大変すぎて、もう要らないと考えてしまう神戸の人もいるかもしれませんが、しかし指輪には古い歴史があり意味もあるのです。人が指輪を身につけるようになったのは、古代エジプト時代からと言われており、その文化が古代ギリシャに入り愛の証として指輪を贈る風習へと繋がっています。結婚式に結婚指輪という形で交換するようになったのは、古代ローマ時代にまで遡ります。それから、教会が結婚指輪に祝福を与えるようになった11世紀頃からは、結婚する際に結婚指輪を交換するのが定着してきています。ただ、なぜ薬指に結婚指輪を入れるようになったのかは、諸説あり西洋の習慣では左手の薬指は愛情を示すとされており、結婚指輪は誠実と貞節を表しています。この意味が結びつき、愛と誠実と貞節を教会で神に誓う意味で左手の薬指に入れる風習が定着していったと考えれられています。日本に結婚指輪の風習が一気に広まったのは、戦後まもなく始まった高度成長期の1960年頃からです。この時期に、一気に日本には西洋のさまざまな文化が入ってきたこともあり、結婚指輪の風習も定着しています。結婚指輪は元々キリスト教の結婚式のときに使用されていたものであり、結婚する意味合いも違う戦前の日本には浸透することはなかったようです。しかし、今では神前式・仏前式・教会式を問わず、結婚指輪を交換するのは当たり前となっています。結婚指輪には、永遠の愛の証と言う意味があり、お互いに相手を思うアイテムとしても必須です。神戸には、さまざまなブライダルリング専門店があるので、ぜひ由来を参考にしつつ永遠の愛を誓うアイテムとして選らんでみましょう。また、神戸で選ぶ際には、さまざまなブライダルリング専門店を見て回り、お互いに納得できる価格とデザインのものを選ぶといいでしょう。